信用が何よりも大切になります

会社として信用できるか

対策してくれる会社に依頼しようと思っても、その会社が本当に信用できる会社なのかは実際に依頼してみないとわからないこともあるかもしれません。
ここで、信用できる会社の指標についてお話しします。
信用できる会社(大手の会社)にはHP(ホームページ)があります。その際に、見ていただきたい点は、URLです。URLは、数字とアルファベットの並びだけでなく、様々な情報が含まれています。たとえば、政府関係のサイトなら.goが、教育関係のサイトなら.ac。また国を表しているものもあります。日本なら.jpが、イギリスなら.ukが末尾につけられています。アメリカは開発国なのでありませんが.comなどが広く使われています。会社には.coや.htmlが付いているとまずは安心できる会社です。末尾につける.coなどは認められないとつけることができないので、安心ポイントの一つです。

会社選びのコツを伝授!

ここまで、会社を選ぶ際のコツについてお話ししてきましたね。ここでは、風評被害にあった時の対策に必要な金額についてご紹介しようと思います。やはり、こちらも被害の状況や被害の範囲によって大幅に異なってきます。

例えば、ネット監視や逆SEO対策の場合は、10万〜。2ちゃんねるの場合は、5万〜。画像や動画などを含めたコンテンツの対策の場合は5万〜。サイト(ブログなど)のサイトに関する対策には、5万〜、が一般的な相場となっています。

これは、対策だけにかかる費用です。実際には、他にサービスがついたりするのでもう少し値段が高くなります。また、機械や人件費などが高額になる場合もあるので、一概にこの値段とはいきません。また、サービスの充実度により値段に大きな差があるものもあります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top