風評被害とは?

総合的に対策をしてくれる会社か?

インターネット上での「風評被害」は1つのサイトで完結するものは多くはありません。多くは、2つ以上のサイトにまたがっています。書き込みサイトや、掲示板などはコピーアンドペーストすれば、どのサイトでも拡散することが可能になります。しかも、それが不特定多数の人が同じ時期に、同じように行うので止める方法がありません。サイトの種類によっても拡散されるサイトの数は異なります。感想を述べるようなサイトであれば、それほどまで拡散しませんが、転職だったり飲食店だったり多くの人が利用することで成り立っているような会社などについて掲示板などに書き込んでしまうと、数え切れないほどのサイトに拡散されてしまいます。

そんな時に、優先順位を決め、早急に対処してくれる会社を選ぶことが重要になってきます。これが、総合的に対処してくれる会社かどうかを見極めるポイントとなってきます。

個人情報の管理の重要性

今の社会では「個人情報」が何よりも重要に保管され、扱われています。「風評被害」を対処してくれる会社でも、「個人情報」の重要性は他の会社と変わりありません。

「風評被害」にあった時、まず会社から電話がかかってきます。「おたくの会社、〇〇なんて言われています。対処しますか?」という電話がかかってきたとしましょう。少し怪しい感じもしますが、お願いするしかなさそうです。その時、「個人情報」を渡す必要があります。本当にしっかりした会社であれば、必要なものは渡してしまっても問題はないのですが、悪意のある会社からの電話であれば、情報を悪用されるかもしれません。そうなると困りますよね。

でも意外にも対策を専門とする会社でも「プライバシーマーク」を取得していない会社も多いのです。一番簡単に見分けるには「プライバシーマーク」を参考にするのもいいかもしれませんね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top