ネットの風評被害対策は、どこに依頼するべき?

ネットの風評被害はここにお任せ!

風評被害を対処する会社の条件

インターネットでは、匿名で簡単に世界に向けて発言することが可能です。そのため、インターネットは便利で誰とでも繋がることができるものとして世界的に広まりました。
その一方で、その匿名性を利用した問題である「風評被害」が発生しています。このページでは、何が「風評被害」にあたるのかをお話しします。

イメージとしては「噂」を思い浮かべていただきたいと思います。「噂」は、正確な事実や情報を持った話ではありません。嘘の情報が広まったことで被害にあったときに、「噂」が流れてから被害にあうまでの事象を「風評被害」と言います。狭い立場で考えてみると、マスコミなどの報道に対しても「風評被害」となることもあります。

ここで、どのようなものなのかがわかるように、「風評被害」の例を挙げたいと思います。あなたが、会社の社長だとします。その時に、「あの会社は、従業員へのパワハラが当たり前だ」という書き込みをされたとします。(この書き込みは事実でないとします。)このような場合、次に新入社員が少なくなったり、契約を結んでいる他の企業との関係が悪くなってしまします。このようなことが「風評被害」に当たります。
このように、全く関係のない会社や個人が不特定多数の集団にいたずら電話や、よくない噂などを流されることで、事業がうまくいかなくなったり、顧客からの信用を失うことにもつながります。匿名性という、大きな仮面を手に入れた人々が面白がってしてしまうのが「風評被害」です。犯人を特定することは、今の警察では簡単に行うことができるので、今の生活を失いたくない人は、気をつけてくださいね。

風評被害とは?

風評被害に対して対処してくれる会社は、星の数ほど存在します。その中で、どの会社がいいのか、逆に悪いのかをしっかり見分けなければなりません。インターネットで調べようにも、人それぞれ言っていることは違うし、何が正しいのかもわからないことがあるでしょう。そんなあなたに!ここでは、見分け方を紹介します。

信用が何よりも大切になります

被害にあった時、対策を早くしないといけない、そんな時に信用できる会社が対策をしてくれると安心できますよね。そこでも裏切られたらどうしようもありません。ここでは、信頼できるであろう会社の条件についてお話しします。皆様のお役に立てるような情報だと思います。

弁護士に頼むとどうなるのか

風評被害にあった時に考えることは、どの会社が迅速に、値段も抑えて解決してくれるだろうか、ということです。しかし、風評被害について対策してくれるのは、会社だけではありません。「弁護士」さんというのも強力な味方です。ここでは、弁護士さんに頼む場合についてお話しします。

Page
top